トップ

歯科と口腔外科の治療の基礎

歯科に関連する知識

カルテ

歯科と口腔外科の違い

歯科と口腔外科は何が違うのか、という点について疑問に思ったことはありませんか。どちらに行っても、口の中全般の違和感について診察してもらうことができますし、虫歯を直してもらうことも可能です。しかし、両者には決定的な違いがあります。それは、前者が主に虫歯、歯周病の治療や予防を行うのに対し、後者は口腔や顎、顔面の症状まで広く扱うところです。多くの場合、通常の歯科で手に負えない手術を伴う治療になると、口腔外科を紹介されることになります。なお、前者で手に負えない手術の代表的な例としては、親知らずの抜歯があげられます。すでに生えている親知らずであれば、前者でも対応ができますが、埋伏歯の段階の親知らずになると、歯肉を切開し縫合するという処置が必要になりますので、こういった手術になると後者の担当になります。

口腔外科の治療を学ぶ

口腔外科は専門知識を勉強して資格認定を受ける事でなれる専門医で、歯科と両方を持っている医師もみられます。診療内容は、虫歯や歯周病以外の口腔や顎、顔面などや周辺組織の症状に対応する外科的処理を行います。主に味覚障害や外傷治療、顎関節症、口腔粘膜の腫瘍摘出、顔面麻痺などの神経性疾患などを扱っています。機能面だけでなく口唇裂の手術など、審美的効果にも大きな役割を果たしています。親不知の抜歯などで埋没している場合に、歯科では手に負えないため口腔外科を紹介される事がありますが、現代では連携してより良い治療を目指す傾向があります。

↑PAGE TOP